転職活動で超重要な「ブラック企業の見分け方」を伝授します

      2018/01/31

今回の記事は超重要です。

【企業リサーチ】

あなたは、今の職場に完全に満足しているでしょうか?

少なからず、「こんなはずじゃなかった」と思っていることはあると思います。

・もっと給料が上がると思ってた

・人間関係が最悪

・こんなに残業が多いと思わなかった

・こんなに休日出勤が多いと思わなかった

・こんなに人事評価制度が糞だと思わなかった

数えればきりがないかもしれませんね。

転職活動は非常に多大なエネルギーと時間を要しますし、一度転職をしてしまえば、不満があってもすぐに次の転職というわけにも行きません。

せっかく苦労して転職したのに同じ過ちを繰り返すのは悲しすぎます。

そこで超重要なのが「企業リサーチ」です。

 

会社の業績や事業内容を調べることは当然ですが、それ以外に口コミサイトをチェックしましょう。

口コミサイトとは、以下のリンクにあるキャリコネのような、企業の口コミが見れるサイトのことです。

最大50万円の転職祝い金がもらえる。キャリコネ転職サービス

実際に、該当企業で働いた経験のある人の口コミが書いてあるので絶対に登録したほうがいいですね。

ちなみに、Googleなどで検索をして悪評が出てこないから大丈夫だと判断をするのは非常に危険です。

ブラック企業は、ネット上の悪評が検索結果にひっかからないように対策をしています。

私が以前働いていた企業は2chのスレッドもヒットしませんし、「企業名 ブラック」で検索しても全然出てきません。

しかし、キャリコネを見ると、ブラック企業の実態がしっかりと書いてあります。

 

入社してみるまではブラック企業かどうか分からなかったのは昔の話で、今は入社前に徹底的に調査をして少しでもリスクを減らすのが常識です。

あなたは、「みんなの就職活動日記」で「悪い噂なんて嘘さ」とか「辛い職場のほうが自分が成長できるなんて言ってる頭の中がお花畑の情弱な大学生とは違うと思いますので、徹底的なリサーチに基づいて転職活動をしてくださいね。

大企業であっても労働環境が悪かったり、社風が悪いことはありますが、そういったことは大抵は事前リサーチで分かります。

口コミって見るだけでも楽しいですしね。

みなさんも、転職をする際には絶対に事前調査を行うべきです。

参考に、シーメンスと言うドイツ企業の口コミを紹介します。

私は欧州系外資系企業への転職を勧めていますが、口コミを見ると、なにやら微妙そうな雰囲気がわかりますね。

長時間労働でなかなか大変そうです。

当然ですが、「欧州系外資系企業=全てが優良企業」と言うわけではありません。

しっかりと、自分で情報を得て、自己責任で判断をしましょう。

キャリコネに登録したら、次は転職エージェントですよ!

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 - 転職