リクナビNEXTは詐欺?外資系企業で働く私がお勧めしない理由

      2016/12/10

転職サイトで最もメジャーなのがリクナビNEXTではないでしょうか。

多くの大学生は新卒時に行う就職活動においてリクナビを利用します。

その延長線上にあるのがリクナビNEXTです。

機能もリクナビと似ていて、自分で求人案件を探した応募するスタイルが多いですね。

 

リクナビNEXT自体は求人数は非常に多いです。

しかし、転職エージェントにあるような非公開求人とは異なり玉石混合です。

大手企業や外資系の求人があるかと思えば、ブラック企業の求人も普通にあります。

そして、ブラック企業の割合は転職エージェントと比較すると高めになります。

ですので、「転職活動で超重要なこと」で書いたことを実践して、しっかりと企業調査をすることが大切になります。

 

そして、もうひとつ曲者なのがスカウトメールです。

このスカウトメールというのが非常に数が多くたくさん来ます。

しかも、ほとんどはどうでもいい興味のない会社からのコピペメールです。

ですので、普段メインで使っているメールアドレスで登録を行ってしまうと非常にウザいです。

 

実は、これ以上に私がリクナビnextをお勧めしない理由があります。

それは、「全てが公開求人なので、優良企業の募集は超絶高倍率になる」からです。

どう言うことかというと、リクナビNEXTで紹介されている求人は全て公開求人です。

ですので、ものすごい数の人が見ています。

優良企業だと、一人の募集に対して1000人近くの応募が集まるケースもあるそうです。

つまり、ものすごく効率が悪いです

書類審査で落とされる確率も高いですし、優良企業の内定を得るのはほぼ無理ゲーなんじゃないかと思います。

 

対して、非公開求人は非常に効率がいいです。

倍率が低く、ライバルも少ないのは魅力ですね。

あとは、エージェントを利用する場合、可能性が全くない企業の応募は進められないので、その点からも効率的であると言えます。

ですので、私がお勧めする転職活動としては、

・転職サイトであるビズリーチに登録を行い、非公開求人を探したり、ヘッドハンティングを受けられる状況を作っておく

・余裕があれば、JACリクルーティングにも登録して、エージェントに相談をしながら応募企業を探す

・企業に応募をする前には、キャリコネで企業リサーチを怠らない


 

と言う流れです。

この方法が最も効率的であると言えます。

 

あなたの転職活動がうまくいきますように!

メルマガではブログに書けない情報もお伝えしています。

ぜひご登録ください。

朗報!外資系企業に転職した結果
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

 - 転職